フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間 10:00~20:00(月~金)
     10:00~19:00(土・日)
  • フィリピン留学センターのtwitter
  • フィリピン留学センターのfacebook

フィリピン留学の費用について

欧米留学に比べて格安と言われているフィリピン留学ですが、合計でどのくらいの費用がかかるのか項目別にご説明いたします。
※各項目の料金、合計金額は4週間の平均額で計算しています。
《出発前に支払う費用》
学校への支払い+その他費用=出発前に支払う合計費用
《現地到着後に支払う費用》
学校へ支払い+政府に支払う費用=到着後支払う費用
《総額》
出発前の費用+到着後の費用+お小遣い=総額

出発前に支払う費用

学校に支払う費用

入学金 平均15000円(US$150)
※学校によっては授業料に含まれています。
授業料 お部屋のタイプや授業のカリキュラムなど学校によって大きく変動しますが、4週間あたり15万円が平均的な金額となります。
寮費 授業料に含まれます。
食費 ほとんどの学校で三食分の食費を授業料に含んでいます。ごくまれに学校によっては追加費用が発生することもあります。
掃除/洗濯代 学校によって回数が異なりますが、授業料に含まれています。
空港ピックアップ費 多くの学校で無料または学費に含んでいますが、バギオやクラークなど主要空港から遠い都市などは別途ピックアップ費が発生することもあります。また、支払いも現地到着後の支払いの学校もございます。

合計:17万円


その他の費用

航空券 時期によって大きく異なりますが往復平均5万円から8万円で購入できます。LCC(格安航空会社)の場合はキャンペーンなど利用すると往復2万円を切って購入できることもあります。
海外旅行保険 海外旅行保険には必ず加入するようにしましょう。クレジットカードに付帯されている海外旅行保険の場合は、期間や補償内容が十分でない場合もあります。もしものために生活スタイルに合った保険を選択することが充実する留学のキーポイントです。
海外旅行保険の比較はこちら

合計:9万円

出発前の費用合計:約26万円

現地到着後に支払う費用

現地で支払う費用は基本的に現地の通貨、フィリピンペソでの支払いとなります。
※1ペソ=2.5円で計算しています。

学校に支払う費用

テキスト費 印刷物をテキストとして使用する場合と正規のテキストを使用する場合で料金は大きく変わりますが4週当たり1000ペソ(約2500円)平均的な金額となります。
寮デポジット費 学校によって徴収している場合があります。平均4000ペソ(約1万円)デポジットは退寮時にお部屋の破損がなかった場合は全額返金されます。
光熱費 学校によっては電気代と水道代を分けて請求している場合と授業料に含んでいる場合もあります。4週間あたり2000ペソ(約5000円)が平均金額です。
ビザ申請代行料 学校によってはビザ申請代行手数料として200ペソから500ペソ(約500円から1250円)徴収しています。

合計:2万円


フィリピン政府に支払う費用

SSP申請費 SSP(Special Study Permit)は観光ビザでフィリピンに滞在する場合に合法的に現地で勉強するために必要な特別就学許可証です。地域によって金額は変動しますが、6000ペソ(約1万5000円)または6500ペソ(約1万6250円)となります。
ACR-Iカード ACR-Iカード(外国人登録証)は59日以上フィリピンに滞在する外国人に取得が義務付けられています。費用は3000ペソ(約7500円)です。
ビザ延長費 ビザ申請免除期間の31日以上フィリピンに滞在する場合、ビザの延長手続きを行う必要があります。8週間までは3440ペソ(約8600円)12週間までは8150ペソ(約1万6300円)など4週間ごとに申請が必要です。
空港税 フィリピンの空港の発着便には空港利用税がかかります。マニラ発の便については航空券を購入する時点でお支払いいただいていることが大半ですが、念のために請求書の内訳を確認するようにしてください。国際線750ペソ(約1875円)、国内線350ペソ(約875円)
※政府に支払う費用については突然変更となる場合がございます。

合計:1万5000円

到着後の費用合計:約3万5000円

お小遣い&生活費

お小遣いと生活費はその方の生活スタイルや滞在される都市によって大きく変わります。
観光なども適度に楽しみたい方は平均4-6万円が相場となります。

gasagi-outside

◆生活必需品◆

シャンプー、リンス、ボディーソープをはじめとしたバスグッズやお部屋で使うトイレットペーパーなどはご自身で準備していただく学校が大半です。バスグッズについては短期留学の場合、日本から持参する方がオススメですが、トイレットペーパーは現地で安く購入することができます。品質も日本と変わらないものもあるので、日本から2ロールほど持参してその後は現地で購入することをおすすめします。
gasagi-outside

◆食費◆

フィリピン留学の場合、三食学校が準備しているので必要ありませんが、金曜日や週末など外食に出かけることもあります。ローカルなレストランは平均200ペソ(約500円)ですが、日本食レストランは少し高く、500ペソ(約1250円)が平均価格です。現地のビールやフルーツジュースなどはとても安く35ペソ(約87円)で購入できます。フィリピンならではの南国フルーツも破格の値段で購入できます。
gasagi-outside

◆娯楽費◆

娯楽費は人それぞれです。ダイビングのライセンスは6000ペソ(約15000円)で取得することもできます。その他、小旅行やアイランドホッピングに行く場合は1回あたり2万円ほどかかることもありますので余裕をもって1週間1万円くらい見積もっておくと観光も楽しめます。
gasagi-outside

◆お土産◆

フィリピンのお土産で有名なのはやはりドライマンゴー。ドライマンゴーは少し高く90ペソ(約225円)が平均的な金額となります。ドライマンゴーの他にも「I♥Philippines」や都市名が書かれたT-シャツやココナッツオイルなどフィリピンならではのお土産も喜ばれます。T-シャツなどが売っている『Islands souvenir』では週末に50%OFFなど大幅値下げのセールをやっているので要チェックです。日本へは生の果物を持ち帰ることはできないので、注意してください。
ご紹介した金額は平均の金額となるため、学校やコース、部屋人数によって金額は大きく変わりますが、4週間のご留学で約33万円がお申込みから帰国までにかかる平均的な留学費用となります。

フィリピン留学のご相談はこちら

0120-4192-09

営業時間10:00~20:00(月~金) メール受付は24時間対応
    10:00~19:00(土・日)

フィリピン留学センターが選ばれる12の理由

  • 1

    渡航前の無料
    英会話レッスン

    受け放題
    !

  • 2

    安心の
    2ヵ国留学
    サポート

  • 3

    最低価格保証

  • 4

    クレジット
    決済可能

  • フィリピン+もう1カ国!2ヶ国語留学スペシャル特典!
  • ネイティブ講師による無料英会話レッスンプレゼント中!