フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間 10:00~20:00(月~金)
     10:00~19:00(土・日)
  • フィリピン留学センターのtwitter
  • フィリピン留学センターのfacebook

法人の皆さまへ

法人向け海外研修(法人・企業派遣留学)サポート

日本国内の企業においても、外国企業との取引や業務委託などの場面で活躍できるグローバルな人材育成をお考えの法人様向けに、フィリピン留学センターでは法人様のご要望にあった留学を提案させて頂きます。
中でもフィリピンは、マンツーマンクラスの充実や、費用面などにおいて欧米の留学では出来ない充実した留学ができるという点で、これまでも企業や大学から満足の声をいただいております。フィリピン内においても、様々な学校がございますので、その中から法人様の要望に合わせて、ビジネス研修から従業員家族向けの海外留学や親子留学など様々な研修プログラムを提供することができます。

フィリピン留学センターは、J-Crossから認定を受けた公式の留学センターであると同時に、英語圏を取り扱う部門もあり、欧米にオフィスもございます。そのためフィリピン留学だけでなく、英語圏と組み合わせるような留学のご要望等にもお答えいたします。


人事担当者様

・御社のご要望をヒヤリングし、学校のマッチングやプログラムの調整等を行います。
・希望があれば、2カ国留学などのプログラムなど様々なニーズにも対応しております。
・駐在員配偶者の方の語学研修手続きなども可能です。
・最小相談人人数 1名より
・最低期間 1週間より

《フィリピン留学センターのここがポイント》

・公平な学校紹介で法人様にあった最適な学校、プログラム選びが可能
・フィリピン以外の留学も組み合わせたご紹介等も行っております。
・J-cross認定留学エージェント
【J-CROSS認証エージェントとは】

実績例

海外展開を見据えた留学 (IT関連 I社/50代男性)

業種 IT関連 I社
都市 セブ
期間 6週間
参加者 50代男性

時期:2015年5月17日から6月27日
学校:Bayside English Cebu Premiumキャンパス+SMEAG キャピタルキャンパス
コース:一般英語コース(マンツーマン6時間)+ビジネス英語

I社は自社の持つシステムの海外展開をお考えで、これから人材育成のため、フィリピンやアメリカへの海外研修をお考えです。社員様の派遣に先立ち、社長様ご自信がフィリピンとアメリカに、計2ヶ月半のご留学をされました。
Bayside English Cebu Premiumキャンパスはセブのリゾートエリア「マクタン島」にあり、元ホテルを改装したリゾート感覚を味わえるオーシャンビューの学校です。
マンツーマンは最大8時間まで受講可能で、リラックスした環境でしっかりと勉強できます。
SMEAGは某大手IT企業が社内公用語を英語にするにあたり、積極的に研修で利用されている学校で、ビジネス英語や試験対策に非常に定評があります。6:40-20:35まで授業があり、集中して勉強が可能です。企業研修でも一番人気の学校なので、校内で他社の社員様との異業種交流も可能です。


若手社員の育成を目的とした留学 (製造業 S社/20代男性)

業種 製造業 S社
都市 セブ
期間 4週間
参加者 20代男性

時期:2015年11月1日から11月29日
学校:SMEAG キャピタルキャンパス
コース:一般英語コース(マンツーマン6時間)

S社は「ものづくり日本大賞」、「元気なモノ作り中小企業300社」、「グローバルニッチトップ企業100選」などにも選ばれている、業界のリーディングカンパニーで、海外にも生産拠点をお持ちです。
海外でも活躍できる若手社員を要請することを目的に、毎年積極的に3回ほどにフィリピンへの社員様を派遣されています。
SMEAGは某大手IT企業が社内公用語を英語にするにあたり、積極的に研修で利用されている学校で、スパルタキャンパスは平日の外出を禁止して、みっちりと勉強が出来ます。
短期集中でしっかりと勉強できるとご好評をいただいています。


将来の幹部社員の育成を目指した留学 (製薬会社 O社/30代男性)

業種 製薬会社 O社
都市 セブ
期間 12週間
参加者 30代男性

時期:2015年1月11日から4月5日
学校:SMEAG キャピタルキャンパス
コース:一般英語コース(マンツーマン6時間)+ビジネス英語

O社は毎年1月と9月にフィリピン、イギリス、カナダなどへ数名の社員様を分散して派遣されています。将来の会社を担う幹部の候補の30代の有望若手社員から既に管理職で、より重要なポストを期待されている50代の社員様まで、様々な社員様を派遣されています。
SMEAGは某大手IT企業が社内公用語を英語にするにあたり、積極的に研修で利用されている学校で、ビジネス英語や試験対策に非常に定評があります。6:40-20:35まで授業があり、集中して勉強が可能です。企業研修でも一番人気の学校なので、校内で他社の社員様との異業種交流も可能です。


人材育成を目的とした留学 (製造業 T社/30代男性)

業種 製造業 T社
都市 セブ
期間 12週間
参加者 30代男性

時期:2015年9月6日から11月28日
学校:Philinter
コース:一般英語コース+ビジネスコース

T社は今年度は3名の社員様を12週間の期間でフィリピンに派遣されています。事前に人事ご担当者がセブで数校学校見学をされました。


将来の幹部候補の育成を目的とした留学 (IT関連 A社/40代男性)

業種 IT関連 A社
都市 クラーク
期間 6週間
参加者 40代男性

時期:2015年10月24日から12月5日
学校:Global Standard
コース:一般英語コース(マンツーマン4時間)

A社は毎年2-3回に分けて、数名の社員様を4?8週間の期間でフィリピンに派遣されています。IT業界のグローバル化を受けて、将来の幹部候補として期待される30-40代の社員様を派遣されています。
Global Standardはフィリピンでも特に治安が良いとされるクラーク地区にあり、韓国資本で非常に日本人の少ない学校です。英語漬けの環境に身を置くことが可能で、集中して勉強できる好評を頂いています。

企業研修Q&A

フィリピン語学研修期間中の生活費用はどれくらいでしょうか?
基本的に学校の寮内では3食の食事が出ますので、その他、日常品や光熱費、個人的な飲食代などを合わせても2万円から5万円あれば十分になります。
フィリピン海外英語研修を行う場合の標準的な期間はどれくらいですか?
企業様の最終目的によって変わってくるのですが、フィリピン留学の場合は、短期間集中型の企業研修プランをご希望される企業様が増えております。特にフィリピン留学はその短期集中の成果に注目をいただいており、目的・予算に合わせながら3カ月から6カ月の海外研修に関するお問い合わせが一番多くなっております。
寮以外の滞在方法はあるのでしょうか?
派遣先の学校にもよりますが、フィリピン留学の場合はほとんどの場合が学校併設の寮に入り、3食の食事付きとなっており英語学習・習得に集中できる環境となっております。選べる学校が少なくなりますが、寮以外にホテルに滞在できる学校もあります。
フィリピン企業研修に派遣する場合に最低限必要な英語レベルはありますか?
フィリピン留学の場合は、マンツーマンレッスンがメインと言うことも有り、英語初級者から中級者向けのコースが充実しておりますので、派遣の段階での英語レベルはご要望に合わせて対応することが可能です。企業様では、最終的に帰国時の目標TOEICスコアを700点とされている企業様もいらっしゃいます。
日本人がいない地域に派遣研修させたいのですが
お任せ下さい。フィリピン留学センターでは、マニラやセブだけでなくその他のフィリピンの都市の企業研修もプランニングさせていただいておりますので、日本人が全くいない環境への派遣もアレンジをすることができます。

フィリピン留学のご相談はこちら

0120-4192-09

営業時間10:00~20:00(月~金) メール受付は24時間対応
    10:00~19:00(土・日)

フィリピン留学センターが選ばれる12の理由

  • 1

    渡航前の無料
    英会話レッスン

    受け放題
    !

  • 2

    安心の
    2ヵ国留学
    サポート

  • 3

    最低価格保証

  • 4

    クレジット
    決済可能

  • フィリピン+もう1カ国!2ヶ国語留学スペシャル特典!
  • ネイティブ講師による無料英会話レッスンプレゼント中!