フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間 10:00~20:00(月~金)
     10:00~19:00(土日祝)
  • フィリピン留学センターのtwitter
  • フィリピン留学センターのfacebook
  • フィリピン留学センターのインスタグラム

【フィリピン留学】3ヶ月の費用を内訳まで解説!効果はあるのか?

フィリピン留学の期間として3か月は、英語学習の効果を感じやすくおすすめです。日常会話がスムーズになるには、1・2か月では不足なことも。ポイントを押さえて費用を節約すれば、コスパを最大にできます。費用の内訳・効果・メリットも徹底解説。
フィリピン留学_期間
フィリピンは英語留学をするのに人気がある国です。欧米に行くよりも費用が抑えられるので、3か月以上の長期留学を考えている人もいるでしょう。この記事では、フィリピン留学の期間として「3か月」って実際どうなのか?ということを解説します。
◆フィリピンを3ヶ月間、留学するメリットとは?
◆どれくらいの英語力が身に付くの?
◆費用はどのくらいかかるの?
他にも、英語留学を成功させるための秘訣をまとめています。ぜひご参考にしてみてください。

フィリピン留学を3ヶ月間した場合の費用

フィリピン_留学_3ヶ月_費用
フィリピン留学を3か月した場合の費用は、60万-80万円です。
もちろん、どの学校を選ぶのか、休日にどのくらい遊ぶのかによっても変わるので、一つの目安にしてください。以下の段落で、内訳をみてみます。

学費

トータルで45万-70万円ほど。フィリピン留学の特徴は、その学費の安さです。同じようなプログラムの欧米の学校とは大違いですので、ぜひ見比べてみてください。

授業料

40万円-70万円くらいです。授業料はどのような授業を組むかによって異なります。例えば、マンツーマンクラスをたくさん取った時の授業料は割高です。逆にグループクラスが多いプランを立てると、費用は安くなります。

入学金

入学金はどの学校でもだいたい1万-1万5000円です。多くの場合は授業料と一緒に事前に支払うことになるので、請求の内訳を確認してみてください。

教材費

目安は3000-9500円です。教材費はどのような授業をとるのかによって変わります。費用の元を取れるように、日本に帰ってからも教材を有効活用してください。

生活費

生活費は留学期間の長さに比例して大きくなります。

滞在費・寮費

フィリピンの英語学校では多くの場合、学校が寮を用意しています。寮費は授業料などと一緒になっていることがほとんどです。
料金は部屋のタイプによって異なります。1人部屋の方が高く、相部屋にすれば費用を抑えることが可能です。3か月だと10万円くらい変わることもあるので、できるだけ安くしたい人は相部屋を選ぶといいでしょう。ただし安い部屋はそれだけ人気で、すぐに埋まってしまうので要注意です。

水道光熱費

水道光熱費はだいたい1万円です。料金がどのように設定されているのかはあらかじめ確認しておきましょう。
一例としては、「月にこのくらいの使用料なら定額の○○円、それを超えると使った分だけ費用が増える」というようなものです。とくに相部屋の場合は、自分はそこまで電気や水道を使ってなくても同部屋の人がクーラーをつけっぱなしにしていた、なんてことで使用量が増えてしまうことも。料金の設定を確認したうえで、同室の人ともよく話し合って快適に過ごしてください。

食費

食事が用意される学校であれば、食費も授業料に含まれています。併設された食堂でご飯を食べられるというようなものです。条件がいろいろあるのであらかじめ確認しておきましょう。例えば「平日は朝昼晩付き、土日は朝食のみ」という場合があります。
この場合、土日の昼夜の食費は自分で調達しなければいけないので、追加で費用が発生します。せっかくフィリピンに来たのですから、食事も思いっきり楽しむと充実した留学ライフにすることができますよ。

フィリピン留学にかかるその他費用

こまごまとした費用も、3か月も滞在していると積み重なってしまうため無視できません。様々な費用を計算に入れておきましょう。

渡航費

シーズンにもよりますが、2万円から6万円まで幅があります。格安航空会社がセールをしているときに買えば、もっと安くできることがあります。ただし、いつセールをするのかは搭乗期間がある程度近くなってからしかわかりませんし、セールがあったとしても、学校の入学日に間に合う期間かどうかは保証できません。コツがいるので、安くするのは難易度が高めです。

海外保険費

万が一けがや病気をしたとき、保険に入っていないと高額な費用が掛かることも…。やはり入っていた方が安心できます。滞在期間が長くなるほど費用は大きくなり、3か月なら5万-6万円くらいになります。

ビザ

滞在ビザは、31日以上フィリピンに滞在する人が必要なビザです。1万6000-1万8000円が必要になります。多くの学校ではビザの発行や更新を代わりにやってくれるので、安心です。

SSP (Special Student Permit)

フィリピンで勉強するのに必要な学生ビザです。1万3600-1万5000円くらいかかります。SSPも滞在ビザと一緒に学校が発行してくれるので、面倒な手続きは不要です。

お小遣い

ビーチリゾートに行って海で泳いだり、モールでお買い物したり…と楽しみは尽きません。多めに持っていけば、英語の勉強以外でもフィリピンを満喫して最高の留学体験にできますよ。3か月で10万円くらいあれば、かなりアクティブな土日を過ごすことができます。

3ヶ月以外のフィリピン留学をした場合の費用

フィリピン_留学_3ヶ月_費用
日常英語を話せるようになるには3か月がぴったりですが、「まったくの初心者だから不足かも…」とか「学校の長期休みに行くのには長すぎる」など様々な事情があると思います。費用も参考にして、自分にベストの留学期間を設定してください。

学費

学費は期間が長くなればなるほど大きくなります。授業料・寮費・入学料・教材費などの合計です。
●2週間…約11万円
●半年…約87万円
●1年…約170万円

生活費

生活費は、休みの日の食費やアクティビティにかける費用です。期間に比例して大きくなります。
●2週間…約1万5000円
●半年…約20万円
●1年…約40万円

その他費用

期間が長くなれば、特にビザの更新や海外旅行保険などの費用が大きくなります。
●2週間…約8万5000円
●半年…約20万円
●1年…約30万円

フィリピン留学の費用を節約する方法

フィリピン_留学_費用_節約方法
フィリピン留学は欧米に比べれば圧倒的に安いとはいえ、正直3か月もの留学になるとすぐにお金を用意するのが難しい人もいるはず。
フィリピン留学の費用を節約して、お得に英語を勉強してください。

大人数の部屋を選ぶ

フィリピンの英語学校の多くは、生徒用の寮を用意しています。寮の部屋には個室や複数人で共用する相部屋などいくつかのタイプがあるのがメジャーです。個室にすればプライバシーを確保できますし勉強にも集中しやすいのですが、反面費用が高くなります。いっぽう相部屋にすると、個室よりも安い費用で生活することができます。相部屋の人数は、2人で共用する部屋から6人で大部屋を共用するところまで、幅が設定されているときがあります。その場合、人数が多くなればなるほど価格は安いです。
ただし相部屋には注意点もあります。
●プライバシーはないも同然
●生活リズムの合わない人や、そりの合わない人と同部屋になることも
●安いので人気があり、早めに予約しないと部屋の希望が通らないことも
費用はもちろんですが、自分の生活スタイルともよく相談して決めてください。

海外旅行保険の費用を抑える

海外旅行保険の費用は3か月で5万-6万円と侮れない出費です。病気やけがをするかどうかわからないのに、保険にお金をかける必要ある?と思う人もいるでしょう。保険料を安くしたいなら、クレジットカード付帯の海外保険を利用するという手があります。
付帯保険はクレジットカード会社によってサービスの内容や利用するための条件が大きく異なるので、手持ちのカードを確認してみてください。中には海外保険に強いといわれているカードもあるので、留学に合わせて新しく作ってもいいでしょう。これなら保険料が0円になるので、かなりの節約になります。ただしちゃんとした保険に入る方が、やはり保障は手厚く安心です。持病がある人などは、クレジットカードの保険ではないほうがいいでしょう。

関連記事:留学する際に入っておきたい保険について知りたい方はこちら

ワーホリはできない?

フィリピンでワーキングホリデー(ワーホリ)は出来ません。ワーホリは、ワーホリの協定を結んでいる国でのみ可能です。日本はフィリピンとワーホリの協定を結んでいないので、ワーホリはできません。
つまり、仕事をして費用を圧縮することは難しいということです。ちなみにワーホリ協定を結んでいる国で人気なのは、オーストラリアやニュージーランド、カナダなどです。ワーホリを考えている人は、これらの国に行くといいでしょう。

留学期間を短縮する

留学期間を短くすれば、英語学校の授業料や生活費などを安くすることができます。ただし、それだけ学ぶことが少なくなってしまうという諸刃の剣です。中途半端に効果が出ない期間にしてしまうと、お金を払って勉強しても意味がないことも…
最高の留学にしたいなら、費用だけでなくどのレベルを目指すのかなど、様々なポイントから期間を考えましょう。

フィリピン留学を3ヶ月した場合の効果

フィリピン留学の期間として3か月をおすすめするのには、効果を実感しやすいという理由があります。

英語力を強化することができる

フィリピン_留学_3ヶ月_効果
3か月あれば、英会話のスキルが上がった!と感じられる可能性が高くなります。しかし1か月や2か月では、「少しは話せるようになったけど、詰まることも多い」とか「リスニング力はついたけど、まだ不安が残る」といった状態の人が多いようです。英語初心者でも、3か月の留学で日常会話に不安を感じなくなるくらいは目指せます。日常会話ができるようになりたい、という目標の人が多いため、3か月は効果に満足しやすいのでしょう。
もちろんどのような目標を立てているのか、とかどの程度基礎知識があるのか、ということによっても、その人にぴったりの期間は変わります。以下の項目に当てはまるような人には、3か月程度の留学がおすすめです。
●英語で日常会話がスムーズにできるようになりたい
●留学前の英会話スキルは「イエス・ノー」と「サンキュー」ていど
●留学するなら、楽しむだけではなく効果を実感したい

3ヶ月のフィリピン留学の効果を上げる方法

フィリピン_留学_3ヶ月_効果_上げる方法
3か月とはいえ、遊んでばかりではあっという間に過ぎ去ってしまいます。
英語学習の効果を感じたい人は、以下のポイントを意識してください。

積極的に会話をすること

「うまく話せなくて恥ずかしいから、話したくない…」はNGです。英語を流ちょうに話せるようになるかどうかは、どれだけ英語で会話するかによって決まります。
もしうまく言葉が出なくて詰まっても、間違った文法を使ってしまっても大丈夫です。失敗することで、自分の英会話の足りないところが分かります。足りないところをその都度勉強していけば、確実に英語を上達させられます。学校で習った発音や文法も、使わなければ忘れていくだけです。習ったことは恥ずかしがらずに、積極的に会話に使ってみましょう。

目的を持つこと

「ビジネスで海外の人とやり取りをするため」「英語圏の国に移住したい」など、どの方にも英語を勉強する目的があるでしょう。目的をしっかり定めて忘れないように意識すると、勉強のモチベーションを維持することができます。
特に3か月もの期間になると、モチベーションの維持が課題になります。途中で疲れてだれてしまったり、同じ環境で勉強することに飽きてしまったりするのです。そこで勉強を休んでしまうと、効果を感じにくくなってしまいます。目的を持っていれば、こうなりたいという「理想の自分」がモチベーションを後押ししてくれます。

関連記事:フィリピン留学がどれくらい効果があるのか知りたい方はこちら

わからないことをそのまま放置しない

フィリピン留学のメリットはマンツーマン指導で、分からないことがあったらすぐに聞けることです。このメリットを利用しないのは、もったいないですよ。
例えばわからない文法があった時に恥ずかしがって聞かずにそのままにしてしまうと、後々同じ文法が出てきたときにもわからないので困ってしまいます。どうせいつか知らなければいけないなら、早い方がお得という考え方です。それに、何度も「わからない」という経験をしてしまうと、「英語は難しい」という印象をもってしまいかねません。フィリピン留学の効果を最大限に発揮したかったら、分からないことはその場ですぐに聞きましょう。

フィリピン留学のメリットとデメリット

フィリピン留学のメリットとデメリットを紹介します。

メリット1:英語力を強化することができる

フィリピン_留学_メリット_デメリット
欧米の英語留学に比べて一日の勉強時間が長いため、急速に英語力を伸ばすことが期待できます。日本人の留学生が多いため、講師も日本人の癖を熟知しているなど、英語力を伸ばすのには最適の環境です。

メリット2:1対1の授業を受けることができる

マンツーマン授業が多いのがフィリピン留学の特徴です。自分一人に集中して指導してくれるので、分からないことがあればすぐ尋ねることができますし、講師も生徒の英語力の課題をすぐに見抜いてくれます。

デメリット1:1ヶ月未満の場合コスパが良くない

1か月未満では短すぎて、日常会話ができるレベルを目指すことはかなり難しいです。効果が感じられないのに2週間だと約20万円かかるのですから、コスパは悪くなります。

デメリット2:留学期間が長いと中だるみをしやすい

1か月程度ならまだ心配する必要はありませんが、3か月くらいになるとだらけてくる危険があります。特にフィリピン留学は一日の勉強時間が長いため、モチベーションを維持する工夫をしないと疲れてしまうかも。

関連記事:最適なフィリピン留学の期間について知りたい方はこちら

関連記事:フィリピン留学がどれくらい効果があるのか知りたい方はこちら

フィリピン留学のオススメの学校7選

フィリピン留学でおすすめの学校を7校紹介します。
  • CPI

    CPI

    セブ島にある、リゾートを感じさせる敷地がおしゃれな学校。
    韓国資本が運営する学校で、日本人だけでなく韓国人も多く在校しています。「周りに日本人が多いと、英語の勉強を怠ってしまいそう…」という人にはおすすめです。

     
  • CIP

    CIP

    首都マニラから車で2時間ほどのクラークにある英語学校。特徴は、アメリカやイギリスといった国から来た、ネイティブの講師が多いことです。ネイティブの授業を、フィリピンのお得な値段で受けることができます。欧米への英語留学を考えていた人は、ぜひCIPも検討してみてください。

     
  • BECI

    BECI

    BECIのあるバギオというエリアは、セブなどに比べればマイナーです。しかしその分、英語の勉強だけに集中することができます。希望すれば、一日11時間!というスパルタコースを組むことも可能。1・2か月の短期留学しかできない人でも、集中的に英語力を磨くことができます。

     
  • 3D Academy

    3D Acadmy

    大人気のセブ島で15年以上運営されているベテラン・3D Acadmy。15種類以上のコースから自分にぴったりのものを選べるのが特徴的です。またセブ島の市街地に近いため、休みの日はショッピングなど楽しみが豊富です。自分なりの英語留学を探している人は、3D Acadmyを検討してみてください。

     
  • C2 Ubec

    C2 Ubec

    セブ島の北東部に位置する、日本人経営の学校です。費用が安いといわれるフィリピンの英語学校の中でも、コスパに優れています。その秘密は、地価の安いエリアに敷地があること。とにかく安く留学したい!という人にはおすすめです。

     
  • SMEAG

    SMEAGキャピタル校

    ホテルのようなおしゃれな建物が目印の、セブ島にある英語学校。日本や韓国だけでなく、10か国以上から英語を勉強する人が集まっているのが特徴です。フィリピンという一つの国にいながら、多文化な生活を体験することができますよ。

     
  • Target

    TARGET(ターゲット)

    日本人経営でサポートが充実しているのがうれしいTARGET。特徴的な英語学校が多いフィリピンで、ベーシックなスピーキング中心コースが人気です。留学が初めてでどの学校にすればわからない、という人でもTARGETで失敗する可能性は低いですよ。

    関連記事:フィリピン留学でおすすめの語学学校について知りたい方はこちら

フィリピン留学ならフィリピン留学センター

フィリピン留学センター_セブ島
留学をするのであれば自力で手続きを行うのではなく、サポートをしてくれる会社を選ぶほうが効率的です。フィリピンに留学をするのであれば、「フィリピン留学センター」に相談をしてみてはいかがでしょうか?

店舗情報

フィリピン留学センターは日本国内では東京本店の他に、大阪支社と名古屋支社があります。

東京支店

東京都渋谷区渋谷2-16-5 マニュライフプレイス渋谷12F

大阪支店

大阪府大阪市北区梅田2-6-20パシフィックマークス西梅田5F

名古屋支店

愛知県名古屋市中区錦1-10-9 BFS伏見6F

フィリピン留学センターの特徴

フィリピン留学センターでは渡航前に英語のレッスンが無料で受けられたり、学校選びや学校への申し込みなどの手続きなど、留学のためのサポートを無料で行ってくれます。そのため、フィリピンへの留学実績は日本一となっています。

お問い合わせ

留学にいくらかかるかの見積もりを無料でしてもらえるお問い合わせや、フィリピンに留学するための相談が出来る無料カウンセリングの予約はフィリピン留学センターのホームページから行う事ができます。
また、フィリピン留学の説明会を定期的に行っているのですが、その予約もできます。
どんな学校に入学すればわからない、という人のためにホームページ上で学校診断もできるので、留学を考えている方は一度試されるとよいでしょう。
入学したい学校が決まっている場合は学校の申し込みをすることも可能です。

フィリピン留学のご相談はこちら

0120-4192-09

営業時間10:00~20:00(月~金) メール受付は24時間対応
    10:00~19:00(土日祝)

フィリピン留学センターが選ばれる12の理由

  • 1

    渡航前の無料
    英会話レッスン

    受け放題
    !

  • 2

    安心の
    2ヵ国留学
    サポート

  • 3

    最低価格保証

  • 4

    クレジット
    決済可能

  • フィリピン+もう1カ国!2ヶ国語留学スペシャル特典!
  • ネイティブ講師による無料英会話レッスンプレゼント中!
  • フィリピン留学・セブ留学のお役立ちコラム
  • フィリピン・セブ島留学体験談