フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間 10:00~20:00(月~金)
     10:00~19:00(土・日)
  • フィリピン留学センターのtwitter
  • フィリピン留学センターのfacebook
  • フィリピン留学センターのインスタグラム

お役立ち情報Useful information

ぜひ食べていただきたいフィリピン料理 TOP10

フィリピンに滞在される際に是非食べていただきたいフィリピン料理をご紹介いたします。

1Lechon/レチョン

レチョンは、豚を丸ごと1匹炙った料理です。
フィリピン人の国民食で、家族での集まりやお祝い事には欠かせない一品です。
皮がパリパリしていて身はジューシーで美味しいです。
フィリピン料理のレストランには必ずありますので、是非食べてみてください。

2クリスピーパタ

フィリピンでは、日本においての魚のように
豚料理が多く、頭から足まで無駄にすることなく食します。
レチョン以外の豚料理で人気なのがクリスピー・パタ。
豚足を油で揚げたもので、しょうゆやお酢をお好みでつけて食べます。
日本では沖縄の豚足料理が有名ですが、沖縄料理とはまた違った食べ方でお勧めです。

3シシグ

シシグは、豚の皮・耳・ほほ肉をたまねぎなどと炒めた料理です。
軟骨のようなコリコリとした食感がくせになります。
すでにソースなどで味付けされていますが、
お好みでカラマンシーなどをかけて食べます。

4アドボ

アドボは、フィリピン現地の言葉であるタガログ語で「マリネ」という意味になります。
鶏肉や豚肉をお酢などと煮込む料理です。
日本でいう肉じゃがや煮物のようにフィリピンにおいても
おふくろの味として親しまれています。

5チキン イナサル

チキンイナサルは、チキンのモモ肉のBBQのような料理で、日本の焼き鳥に近い料理です。
マング・イナサルというファストフード店が有名で、
マング・イナサルは、ショッピングモールなどに出店されています。

6シニガン

シニガンは、フィリピン料理の代表的な料理の一つです。
フィリピンにおける味噌汁のようなもので、
フィリピン料理レストランには必ずあります。
日本人にとっては少し酸味が強いかもしれません。

7カレカレ

カレカレは、シチューに似た料理です。
カラマンシージュースや唐辛子などで追加で味付けをされることもあります。
フィリピンのお祭りにはカレカレが欠かせません。

8ハロハロ

日本でもなじみのあるフィリピン料理の一つである、ハロハロ。
ハロは、混ぜるという意味で、「ハロハロ」はまぜこぜという意味になります。

9パンシットカントン

日本でいう焼きそばのような料理で、
インスタント麺でも人気があります。
日本で売っているインスタント麺よりもサイズが小さいので
ばらまき用のお土産としてもおすすめです。

10シャンハイルンピア

シャンハイルンピアは、春巻きに似た料理です。
日本では、春巻きをしょうゆやポン酢で食べるように
フィリピンでは、カラマンシーのしぼり汁につけて食べます。

フィリピン留学のご相談はこちら

0120-4192-09

営業時間10:00~20:00(月~金) メール受付は24時間対応
    10:00~19:00(土・日)

フィリピン留学センターが選ばれる12の理由

  • 1

    渡航前の無料
    英会話レッスン

    受け放題
    !

  • 2

    安心の
    2ヵ国留学
    サポート

  • 3

    最低価格保証

  • 4

    クレジット
    決済可能

  • フィリピン+もう1カ国!2ヶ国語留学スペシャル特典!
  • ネイティブ講師による無料英会話レッスンプレゼント中!
  • フィリピン留学・セブ留学のお役立ちコラム
  • VoiceTube
  • フィリピン・セブ島留学体験談