フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間 10:00~20:00(月~金)
     10:00~19:00(土・日)
  • フィリピン留学センターのtwitter
  • フィリピン留学センターのfacebook
  • フィリピン留学センターのインスタグラム

体験談Experiences

CIA 体験談1 12週間

『CIA TOEIC点数保証プログラム』

CIA 体験談1 12週間
学校 CIA
留学期間 12週間
CIA TOEIC点数保障コースについて教えてください。

CIAにてTOEIC点数保証プログラム(12週)を申込み英語の勉強をしてきました。残り1ヶ月位のときにセブで地震があり、家族より心配され帰国したので、結果的には2ヶ月強のCIAでの生活だったのですが、今後、留学を検討される方のお役に立てればと思い、留学の体験談をご紹介したいと思います。

何故、フィリピンでの留学を選んだかというと、他国と比べ、英語を勉強するのに費用が安いこと、マンツーマン授業が多く、費用に対する効果も期待が持てたことが主な要因でした。治安の悪さを懸念して、両親から反対はされましたが、ネット等で調べて自分自身では安全に過ごせると感じることが出来たので行くことを決めました。
留学を終えて、CIAを選んで本当に良かったと感じたのでCIAの良さをお伝えしたいと思います。

私の感じたCIAの良さは以下の4つです。
1.先生が抜群に良いこと
2. 勉強に集中する環境が作り易いこと
3. ショッピングモールが近いこと
4.信頼のおける日本人スタッフが居てくれること
私個人の意見ではありますが、TOEICで900点以上をとる為にはそれなりにTOEICの対策をしないと取りにくいと思っています。セブには日本人が留学する為の学校は数多くありますが、TOEIC用の学習方法を先生たちが統一して学んでいる学校は少ないと思います。しかしCIAはESL,TOEIC,IELTS等各コース毎に先生の所属が別れており、それぞれのコースに適した授業を生徒が受けられるように、先生同士で勉強会や情報交換等しているとのことで、TOEICに関してはTOEICにあったコツをかなり細かい所まで教えてもらうことが出来ました。また、先生同士の団結力も強く、同じことを別々の先生から教わることの無いように先生同士で調整をしてくれた為、生徒の私は勉強だけに集中することが出来ました。結果的にわずか2ヶ月程で825点から帰国後に受けたTOEICで905点を取ることが出来たのでTOEICコースの先生の質、授業内容に関してはかなり満足をしています。(他のコースに関しては全く受けていないので分かりませんが。)
また、CIAは平日も授業後の外出が可能なため、日用品等必要に感じたときに買いにいける状況にも満足することが出来ました。こちらの学校へくる前に平日外出禁止の学校へ行っていたのですが、日用品の消費レベル等に気を使わなければならなかった為、平日に外出出来ることはとても重要なことであると感じました。
そして、学校から徒歩5分位の所にJモールというショッピングモールがあったこともとても便利に感じました。必要なときに、必要なものだけ買いにいけるのが当たり前の日本ではあまり重用視していなかった点ですが、実際にフィリピンで過ごしてからは、徒歩圏内に何でも揃うショッピングモールがあることはかなりのストレス削減につながったと思います。

最後になりましたが、地震があった際、私は家族に心配されて地震の翌日に帰国することになったのですが、その際迅速に動いて下さったCIAの日本人スタッフの皆様にも大変感謝をしております。恐らく地震等は日本程頻繁に起こることは無いとは思いますが、そういった緊急事態が起こったとしても、信頼の置ける日本人スタッフが居てくれたのは大変助かりました。

以上の4点が私がCIAをお勧めする主な理由です。TOEICの点数を上げにいくなら是非、CIAをおすすめしたいと思います。

フィリピン留学のご相談はこちら

0120-4192-09

営業時間10:00~20:00(月~金) メール受付は24時間対応
    10:00~19:00(土・日)

フィリピン留学センターが選ばれる12の理由

  • 1

    渡航前の無料
    英会話レッスン

    受け放題
    !

  • 2

    安心の
    2ヵ国留学
    サポート

  • 3

    最低価格保証

  • 4

    クレジット
    決済可能

  • フィリピン+もう1カ国!2ヶ国語留学スペシャル特典!
  • ネイティブ講師による無料英会話レッスンプレゼント中!
  • フィリピン留学・セブ留学のお役立ちコラム
  • VoiceTube
  • フィリピン・セブ島留学体験談