フリーダイヤル 0120-4192-09 受付時間 10:00~20:00(月~金)
     10:00~19:00(土・日)
  • フィリピン留学センターのtwitter
  • フィリピン留学センターのfacebook

新着情報News!

AELC よくある質問

初心者なのでネイティブについていけるか不安。
安心してください。AELCのネイティブの講師陣は、比較的長く在籍していることもありますしトレーニングもしっかり受けた講師陣です。初心者の方でも無理なくレベルアップすることができます。また初心者や中級者のためにLITE2やESLコースのフィリピン人講師のマンツーマンが多く取得できるコースも用意しています。当校の優秀なフィリピン人講師と基礎を学びながらネイティブ講師のマンツーマンを取りバランスよく学ぶことができれば英語力が飛躍的に伸びることは間違いありません。
やはりネイティブとの授業とフィリピン人講師との授業は、違うのでしょうか?
フィリピン人講師は、第2言語にもかかわらずほとんどの人が小学校からの徹底した英語教育を通して英語を話せる民族です。欧米とのビジネスも至る所で展開されています。ただしフィリピン人もタガログ語という母国語を持っています。家庭に帰ればやはりタガログ語を使用します。よくアクセントや発音がなまっているというのはそういうところからきます。しかしながらフィリピンでの語学学校で働いているフィリピン人講師陣は、しっかりとした大学を卒業した方が多いのも事実です。またフィリピン人の英語もまた第2言語になりますので第2言語として英語を学ぶ生徒の気持ちを考えながら効率的にレベルアップさせることができます。多少のなまりはあったとしても日本人が英語を学ぶ上では、非常に効果的な授業を受けることができるでしょう。一方でネイティブは、当然の話ですが喜怒哀楽をすべて英語で表現します。表現力の違いはフィリピン人講師に比べあると言えるでしょう。つまりネイティブの使用する単語は多岐にわたります。当校では、様々コースを用意していますので自分のレベルとネイティブ講師とフィリピン人講師の特徴に合わせてコースを決めることをおすすめします。
追加授業は、1日最大何コマまで申し込むことができますか?
コースによって1日最大4コマまで追加授業の申し込みが可能です。当校では8時から17時までの間に10コマのタイムテーブルを用意しています。LITEコースだった場合は、マンツーマン3コマ、グループ4コマがあり1コマのグループは夕食後17時45分からのイブニングクラスになります。つまりLITEコースの場合は、夕食後のイブニングクラスを抜いて日中は合計6コマの授業を受けていただく形になります。そしてこの場合、10コマ?6コマ=4コマでこの4コマ分が自由時間になります。その4コマに追加授業をあてがうということです。また気をつけていただきたいのが追加授業の希望が出せますがその時期の生徒の数によって追加授業が取れない場合もありますのでできるだけ早めの申し込みをお願いしています。
ピックアップは、マニラ空港以外でも迎えに来てくれますか?マニラのホテルに前泊したいのですが?
可能でございます。マニラ空港以外でも場所と日時を指定していただければそちらへ迎えにあがります。マニラ市内であれば基本的にどこも同じ3000ペソになります。
イギリス人講師のマンツーマンを取りたいのですが?
当校では、申し込み時に国籍の希望を受け付けています。ただし、その時期の生徒の数によって希望に応えることができない場合もあります。。
週末や祝日にも追加授業を入れたいのですが?
可能でございます。当校では、週末や祝日の追加授業を受付しています。ネイティブ講師600ペソ(1コマ)フィリピン講師300ペソ(1コマ)になりますがこの週末や祝日の追加授業に関しては原則2コマ以上をとっていただく必要がございます。また同じ講師が2コマ単位で担当します。例)3コマほしい→1人の講師が担当します。4コマほしい→2人の講師が担当します。昨年のクリスマスにも何人かの生徒が追加授業を取得した実績がありますがその時期の生徒の数などで取れない場合がありますのでできるだけ早めの申し込みをお願いしています。
週の途中から入学はできますか?水曜日から入学したいのですが。
可能でございますが、ただしその場合、その週の授業料と宿泊料の支払いが発生します。当校では、1週間単位で講師のスケジュールを決めないといけないのが理由です。例えば水曜でしたら月曜日と火曜日の授業料と宿泊料の支払もお願いしています。
今回の留学は2週間なので最初の月曜日から授業を受けたいのですが。
大丈夫です。当校では、3週間以下の学生に限り最短で月曜日の朝9時から授業を提供しています。8時からの20分程度のレベルチェックインタビューを受けていただいた後、決まったレベルにそってグループクラスが決まります。その後生徒はテキストブックを受け取り授業に参加することができます。生活必需品や両替をしたい場合は、その日の授業後に近くのモールへ出かけます。
自習室、ありますか?
ございます。当校の自習室は朝の8時から夜中の1時まで利用可能です。
食事はやはり辛いものが多いですか?
現在、韓国食50%日本食20%中国食20%その他10%の割合で食事を提供しています。辛い料理に関しては日本人だけでなく中国人台湾人も苦手な傾向がありますので現在、メイン料理には、辛い味付けと辛くない味付けのものを別々のトレイに分けて提供するなど工夫をしています。また、2016年4月より日本食が提供できるシェフを雇い現在、40%韓国食30%日本食30%中国食の比率で食事を提供する予定です。
フィリピンに行くのが初めてなので虫が苦手なのですがどの程度発生しますか?
学校敷地内に発生する虫は、蚊、アリがメインです。ただし校舎内や学生寮の中には、定期的に殺虫剤や清掃また、建物も2013年に建てられたもので比較的新しくほぼ発生することはありませんのでご安心ください。発生する原因としては、甘いものを袋とじせずに机の上に置いて放置していたなどがあります。
AELCの衛生面はいかがですか?
当校では、校舎内は、毎日掃除をしています。また、学生寮も週2回の洗濯と清掃サービスを提供しています。また食堂も韓国人調理師の指導のもと食品管理が徹底されています。当校であまりお腹が痛くなって勉強ができないと聞くことがないのはアピールポイントの一つです。
最初からネイティブばかりだと大変そうなので最初の4週間は、ライト2をとって残りの4週間は、インテンシブコースを取りたいのですが大丈夫ですか?
可能でございます。申し込み時にそのように言っていただければ大丈夫です。
ワーキングホリデーでオーストラリアに行く予定があります。できればイギリス人講師のマンツーマンを多めに受けたいのですが可能ですか?
可能でございます。ただしその時期の生徒の数により希望が通らない場合もありますので生徒様にはできるだけ早めの申し込みをお願いしています。またAELCでは、ワーキングホリデーに行く前また行ったあとに留学される生徒がかなりの数おります。
TOEICの試験も学校で受けられると聞いたのですが?
当校はクラークの地域で唯一のTOEIC公式試験センターに認定されており月に1回テストを実施しています。申し込みから受験まで当校のオフィスでできます。また当校のTOEICコースは保証コースもあり大変人気なコースの1つになっています。
どのくらいの国籍と年齢層の方がいますか?
現在、韓国人50%中国人台湾人30%日本人15%その他(ベトナム、シンガポール、マカオ等)5%です。年齢層は、もちろん大学生が中心になっていますが当校の学校の設備は比較的しっかりしているのと短期の学生でも月曜日の午前中から授業が受けられる、また追加授業も他の学校と比べてもリーゾナブルな価格で申し込みができるなど社会人にも人気な学校となっています。
週末の生徒の過ごし方は?
生徒によっては、過ごし方は、異なります。自習室は開放されていますので勉強される方、また友達同士で近くの大型ショッピングモールへ行く方など様々です。当校には提携している旅行代理店があります。週末友達同士で海に出かけたり山に出かけたり、世界遺産めぐりをしたりする人もたくさんいます。クラークには、乗馬だったりウオーターボードだったり楽しめる場所もたくさんありますので退屈になることもないでしょう。学校内にはプールがありそちらで息抜きをしている生徒たちもいます。また徒歩10分ほどのところにプロのトレーナーが在籍する大きなジムもあります。値段も学割がきき800ペソ2000円ほどで1ヶ月毎日使いたい放題です。
EOPは実施されていますか
当校では特にEOPを設けていません。当校ではネイティブの講師中心に運営されている学校です。そのため校内では英語を積極的に使用しなければいけないという雰囲気があります。一度来学していただければ分かると思いますがたくさんの生徒さんが母国語を使用せずに積極的に英語を使用しています。当校では、ネイティブ講師を中心に運営する中で自然につくられるそのような雰囲気を大切にしています。
帰りは、タクシーを手配してくれるのでしょうか?
申込用紙に必要事項を記載して学生スタッフに提出していただけましたら予約の手配をさせていただきます。
学校からタクシーを使わずバスで帰りたいのですが。
学校からジプニーで30分くらいのところにダウターミナルという高速バスターミナルがあります。そこからマニラのバスターミナルまでいきタクシーで空港まで行くことができます。ただし、その方法は特に初めてフィリピンに来たという方にはやはり日本とは異なるものが多くおすすめしていません。大きな荷物を運ぶということもありますし当校指定のタクシーを使用することをおすすめしています。
第1キャンパスと第2キャンパスのカリキュラムの違いについて
ネイティブと一緒にスピーキング力を伸ばすという点ではどちらのキャンパスにも12名ほどのネイティブ講師がいるため変わりはありません。違う点は、第1キャンパスにはTOEICとIELTSコースがあり、第2キャンパスでは親子留学のコースがある点のみです。
ネイティブ講師とのマンツーマンということで他の学校より料金は高いのでしょうか?
フィリピンにはたくさんの学校がありそれぞれの学校が様々な特徴をもっていますのでネイティブ講師がたくさんいるからといって他の学校より料金が高いのかというとそういうわけではありません。つまりフィリピン人講師が中心に運営する学校でも当校より料金が高い場合があります。定期的にキャンペーンなども実施していますしそれらも含めて確認していくことが大事かと思います。
ネイティブ講師やフィリピン人講師の教える質はいかがでしょうか?
まずネイティブ講師ですがほとんどの講師が大学卒でしっかりとした経験をもっています。ケンブリッジの大学で学んでいた、証券マンとして働いていた、病院のドクターだったりと職種は様々です。また当校では、少なくとも2年以上の英語教師の実績を採用基準にしています。TOEICやIELTSコースの講師陣に関していえばTOEIC950点以上、IELTSは7点以上を基準に講師を採用しています。フィリピン人講師ももともと高い学歴や職歴をもった人たちばかりです。またネイティブ講師と一緒に働く中でフィリピン講師陣の発音とアクセントを中心とした英語力が改善していくのは当校の強みでもあります。
入寮日と退寮日の規定はどうなっていますか?
入寮日は、原則土曜と日曜日になっています。祝日が月曜日で重なればその日になります。退寮日は、原則第1キャンパスは土曜と日曜日になっています。(それ以降は、1日1300ペソかかります。)第2キャンパスは、土曜日まで(それ以降は、1日1500ペソかかります。)
ピックアップについて中には時間指定の学校もあるみたいですが?
当校では、特に時間指定を設けていません。好きな飛行機チケットを購入してコピーを送ってください。その時間帯に合わせてお迎えにあがります。24時間大丈夫ということです。
ピックアップ時に、他の人と同乗したくない。
大丈夫です。そのような要望があれば例え同タイミングで他の生徒様が空港に到着されても個別でお迎えにあがります。
講師を途中で変更することは可能でしょうか?
当校ではその希望を毎週木曜日の朝に受け付けています。生徒はそのように希望を出すことができます。ただしその時の申込者数や生徒の在籍数によって変更ができない場合があります。
ジムは、ありますか?
当校にはジムの施設がありませんが徒歩10分のところに大型のジム施設がありAELCの生徒だと20%の学割がきいて月800ペソ(2000円ほど)で毎日使いたい放題です。韓国のプロトレーナーが営業しているサウナや個別ロッカー付の日本国内にあっても見劣りしない施設です。
2人部屋を指定した場合、国籍ごとの割りあてはどうなるのでしょうか?
原則、別の国籍の生徒同士が仲良く英語を使用できるように割り振っています。ただしその時の生徒数により同国籍同士の生徒で割り振る場合があります。
3週間か4週間にするかその1週間を悩んでいます。
以前そのような申込者様からの問い合わせを受けました。その時、在籍中の2名の生徒に意見をいただきました。回答は英語を学ぶ上でそういう英語が使える環境で学ぶことが大事なので3週間より4週間のほうが絶対にいいということでした。そしてその申込者様から当校で4週間学ぶ中でやっぱり4週間で正解だった!少しでも長くいるべきですねという感想をもらいました。予算や時間の都合もあるかと思いますが出来る限り長く滞在されることをおすすめいたします。
WIFIはレンタルして持ち込んだほうがいいでしょうか?
学校敷地内にはたくさんのWIFIポイントを設けています。学生寮内でも2部屋に1台のルーターを使用しています。また実際当校の学校と学生との間での連絡はラインアプリを使用して行われます。また日本人生徒より韓国人生徒のほうがどちらかというとネット環境に対してのサービスにはきびしいです。そのため当校のネット環境は、英語の学習でも問題なくインターネットを使用することができますし安定しています。フィリピンの語学学校を3つほど経験した私も当校のインターネット環境は非常に良いと思っています。
男女比はいかがでしょか?
現在ほぼ同じくらいです。
コースをESLかLITE2でどちらを受けるか迷っています。実際予習復習をできるか心配しています
まず、おっしゃるとおり留学期間中の予習復習は必要不可欠です。その上でマンツーマンが5つのESLとマンツーマンが3つのLITE2に関してですが、実際はどちらのコースをとっても空きコマが3コマから4コマは出てきますし、6時30分にはすべての授業は終わりますのでそれ以降も十分に予習復習の時間は取れます。また私自身も2年前にフィリピンに来て3ヶ月正規の生徒を経験しました。別の学校ではありましたがその時はマンツーマン5コマグループ3コマで計8コマの授業を受けていましたがしっかり同じように6時くらいには授業も終わりましたししっかり計画をたてれば問題なく充実した予習復習ができると感じています。
TOEICとIELTSの保証コースについて特典を教えて下さい。
当校の保証コースの特典は、もちろん第一に目標の点数に到達するために全力でサポートさせていただきます。またテスト1回分の公式試験代を無料で提供しています。またそれでももし期間内に目標点数に到達しなかった場合は、1ヶ月の追加授業を無料でS提供させていただいております。
ネイティブ講師の国籍はどのくらいですか?
現在、第1キャンパス アメリカ人8人、イギリス人4人です。第2キャンパスにはアメリカ人5人、イギリス人5人、カナダ人1人在籍しています。
第2キャンパスのグループクラスについてジュニアコースがあると聞きましたがそのジュニアの生徒たちと授業が同じになることはありまでしょうか?
そういったことはありません。ジュニアコースは別のプログラムで進行しているためです。

フィリピン留学のご相談はこちら

0120-4192-09

営業時間10:00~20:00(月~金) メール受付は24時間対応
    10:00~19:00(土・日)

フィリピン留学センターが選ばれる12の理由

  • 1

    渡航前の無料
    英会話レッスン

    受け放題
    !

  • 2

    安心の
    2ヵ国留学
    サポート

  • 3

    最低価格保証

  • 4

    クレジット
    決済可能

  • フィリピン+もう1カ国!2ヶ国語留学スペシャル特典!
  • ネイティブ講師による無料英会話レッスンプレゼント中!